派遣のお仕事情報満載!!アドバンティアで求人検索

現金10万円一律給付について

キタ
キタ
現金10万円一律給付について

一律10万円の現金給付に伴い、日本政府は20日、新補正予算案を閣議決定しました。

早ければ5月中に給付を目処としていて、現金10万円給付業務を行うのは全国の市区町村となっております。
各市町村によって給付日が異なるとのことなので、気になる方はチェックしてみて下さい。
今回、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として一律現金10万円の給付が決まり、その対象者は『4月27日時点で住民基本台帳が記載されている人』とされているそうです。
外国籍の方々(短期滞在者、不法滞在者は除く)も対象となっております。

現金10万円一律給付 申請仕方について

各自治体から家族全員分の名前が記載された申請書が送られ、申請書に記載してある名前を確認し、申請書に銀行口座を書き込み、本人確認書類などともに返送する形になるそうです。
上記のことを行うと、家族全員分がまとめて振り込まれるとなっています。(世帯主に振り込み)
マイナンバーがある場合は、オンラインでの申請も可能となっており、簡単に行うことが出来そうです。
しかし、住民票の登録が現住所でされてない方で困る方は早めの対応が必要かと思います。

出産・死去・転居時のタイミングについて

出産について

4月27日までに生まれた子ども関しては、申請書の申請があとからでも支給の対象とされるとなっているそうです。
4月28日に生まれた場合は今回の給付金の対象外となり、少し残念な気持ちにはなります。

死去について

死去の場合は、出生と反対という考えとなっております。
4月27日中に亡くなった場合は支給対象外となり、4月28日以降に亡くなった場合は対象となるとなっているそうです。

転居 タイミングの場合について

転出や転入のタイミングが4月27日を跨ぐ形になっても、問題なく、転入先の各自治体で調整され、問題なく支給を受けられるとなっているそうです。
転入届の提出に先立って申請用紙が送付されていても、あとから調整されることになるとなっており、安心出来る形にはなっているそうです。ホームレスなど住居が不定の人の場合も、4月27日以降の申請期間内に改めて住民登録ができれば、さかのぼって支給対象となっている形なので住居を失った方でも対象となっているそうです。
簡単にまとめますと、申請の届け出を行えば、4月27日時点で生存し、国内に住民票がある日本国籍者、短期滞在や不法滞在を除く外国籍の方々も支給されることになるといえることになります。
給付に関しての注意点は世帯ごとで世帯主が郵送やオンラインで申請の手続きが必要となり、受付期間は開始日から3か月となっておりますのでそこの注意が必要となっております。

また、給付金に関しては任意となっており、日本がこの新型コロナウイルスで経済がストップしている中での対応となり、日本経済は大変な時期を迎えております。
日本政府の特別処置判断で行って頂いたものとなり、今回の給付は裕福な方々で特に給付に関して困らない方々には個人の考えとしましたら、今回の給付は辞退してくれると日本経済に関して助かるとは思っております。

だが、今回新型コロナウイルスの影響で職を失った方や住居を無くされた方や減給にあった方に関しては嬉しいニュースとなりました。

このページを評価してください

Log In

Forgot password?

Forgot password?

Enter your account data and we will send you a link to reset your password.

CAPTCHA


Your password reset link appears to be invalid or expired.

Log in

Privacy Policy

Add to Collection

No Collections

Here you'll find all collections you've created before.