派遣のお仕事情報満載!!アドバンティアで求人検索

新社会人の方必見!間違っている敬語の使い方

R.I
R.I
新社会人の方必見!間違っている敬語の使い方

この春から社会人になるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、目上の人やお客様に対してうっかり使ってしまいそうな、

失礼にあたる言葉や、間違っている敬語をご紹介していきます。

了解です・了解しました

『了解』とは、物事の内容を理解して承認することです。

ですので、目上の人に対して使う言葉としては適切ではありません。

『承知しました』や『かしこまりました』を使いましょう。

なるほどですね

会話の中で相づちをうつ際に、つい言ってしまいそうな言葉ですね。

『なるほど』とは、人の言葉や意見に対して、自分も同意見であることを示す言葉です。

『なるほど』は副詞なので、続けて『ですね』をつけてしまうと文法的におかしいので、間違いです。

『おっしゃる通りです』や『さようでございますか』などに言い換えましょう。

ご苦労様です

『ご苦労様』は本来、上の者から下の者へ使う言葉です。

ですので目上の人に対して使ってしまうと失礼に当あたります。

『お疲れ様です』に言い換えましょう。

よろしかったでしょうか

『よろしかったでしょうか』は、過去の出来事について確認する際に使う言葉です。

ですので、『こちらの資料でよろしかったでしょうか?』や、

飲食店でよく使われる『〇名様でよろしかったでしょうか?』という表現は間違いです。

『よろしいでしょうか』に言い換えましょう。

ご一緒します

『ご一緒します』という表現は、敬語ではなく丁寧語なので

上司やお客様に対して使う言葉としては適切ではありません。

『ご一緒させていただきます』に言い換えましょう。

すみません・すいません

『すみません』は丁寧な言葉に思えますが、敬語ではないのでビジネスの場においては適切ではありません。

『申し訳ありません』や『申し訳ございません』に言い換えましょう。

おっしゃられる・おっしゃられました

『おっしゃられる』は、『おっしゃる』と『られる』で二重の敬語になっています。

『おっしゃいます』や『おっしゃった』に言い換えましょう。

お座りください

『お座り』という表現が、動物や子供に対して使う言葉として連想されます。

ですのでビジネスシーンで使うのは不適切です。

『お掛けください』に言い換えましょう。

お体をご自愛ください

メールなどで結びの言葉としてよく使われますが、

『ご自愛ください』は自分の体を大切にしてくださいという意味があります。

ですので『お体』を付けてしまうと、二重の意味になってしまうので不要です。

普段使っている言葉が実は間違っていたなんて事もあったり、

日本語は生きている間ずっと勉強しなければ使いこなすことが難しそうです。

1/5 - (1 vote)

「東三河・西三河で働く!」高時給な派遣求人が満載!

CTA-IMAGE いまあなたは転職活動で困っていませんか? 「こんなに転職活動を頑張っているのに、良い職場に出会えないのだろう?」 そんな悩みがあるなら派遣会社アドバンティアで解決しましょう! 軽作業・工場系・事務系のお仕事が満載!! 高時給!週払い可能!家電付きアパート・マンションを貸し出し♪車・携帯レンタル可能!アドバンティアは充実したサポート体制であなたのご応募をお待ちしております。 TEL面接実施中!!

>> アドバンティア求人検索はこちら <<

このページを評価してください

1/5 - (1 vote)