派遣のお仕事情報満載!!アドバンティアで求人検索

ブログを書いている人必読!【著作権法に違反しない正しい引用方法】

R.I
R.I
ブログを書いている人必読!【著作権法に違反しない正しい引用方法】

ブログを書くにあたって、記事を分かりやすくするために他サイトの文章や画像を引用したいなぁと思うことありませんか?

ルールを知らずにやってしまうと著作権法違反になってしまうかもしれません。

著作権を侵害してしまうと・・・

・刑事罰

・損害賠償

・ブログの閉鎖

などの様々な危険があります。

著作権法違反にあたらない引用をするためにはいくつかのルールを守らなくてはいけません。

今日は他のサイトの文章や画像を引用したい場合の

著作権法のルールとポイントを分かりやすくご紹介します。

①引用する必然性があること

『引用する必然性があること』というのは、自分の文章だけでは根拠や理由を説明するのが難しい時などです。

画像でいったら、自分では用意する事ができない調査結果や図形、グラフなどです。

ただその記事が分かりやすいからというのは正当な理由としては認められません。

②引用部分がきちんと区別されていること

自分の文章と引用した文章の違いがはっきりと分かるよう区別しなくてはいけないということです。

このように装飾したりして区別する必要があります

③自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること

『主従関係』というのは分かりやすくいうと、引用部分はあくまでもサポートで、自分の著作物がメインになっているかどうかということです。

引用部分をメインにして自分はその感想を少し書くだけ、などは主従関係が逆になってしまうのでNGです。

あくまでもメインの文章は自分で書いたもので、そのサポートとして引用したものを使いましょう。

④引用元をきちんと明記すること

どこから引用してきたか明記する必要があります。

サイト名、記事名、URLなどを下記のようにリンクをつけて明記します。

・引用元:〇〇

・〇〇より参照

・出典:〇〇

これらのルールをクリアしないと引用することはできません。

画像に関しては、フリー画像のサイトがいっぱいありますので、

インターネット上などで拾ってきた画像などは使わないようにしましょう。

「東三河・西三河で働く!」高時給な派遣求人が満載!

CTA-IMAGE いまあなたは転職活動で困っていませんか? 「こんなに転職活動を頑張っているのに、良い職場に出会えないのだろう?」 そんな悩みがあるなら派遣会社アドバンティアで解決しましょう! 軽作業・工場系・事務系のお仕事が満載!! 高時給!週払い可能!家電付きアパート・マンションを貸し出し♪車・携帯レンタル可能!アドバンティアは充実したサポート体制であなたのご応募をお待ちしております。 TEL面接実施中!!

>> アドバンティア求人検索はこちら <<

このページを評価してください