派遣のお仕事情報満載!!アドバンティアで求人検索

チョコが体に与える影響

R.I
R.I
チョコが体に与える影響


みなさん甘い物は好きですか?

私はチョコレートがとにかく大すきで、毎日毎日食べています。
そんな姿を見て、たくさん食べたら体に悪いよ!としょちゅう言われるので
どんな風に体に悪いのか?とふと疑問を抱いたので、調べてみまし。

今日はチョコをたくさん食べる事による体へのデメリットをご紹介します。

ニキビができる


チョコレートには脂質と糖分が多く含まれているため、皮脂の栄養になり多く分泌されます。
皮脂の分泌が増え、毛穴につまるとニキビになります。

これは私も身を持って体験しています。

夜中にチョコをバクバク食べていると次の日新しくニキビができていたり

貧血になる


高カカオのチョコレートには、脂質とカフェインとタンニンが多く含まれています。
高カカオのチョコレートを食べ過ぎると、タンニンが鉄の吸収を邪魔して、貧血の原因になってしまう可能性があるそうです。

歯を弱くする


過剰に糖分をとると、歯垢に住むバクテリアが酸をつくります。
それが歯のエナメル質を溶かして歯が脆くなる原因になってしまうそうです。
溶かすと言われるとこわいですね。
デザートを食べる前に食物繊維やタンパク質を食べると、砂糖が歯垢へと沈むのを抑制することが期待できるみたいです。

頭痛を引き起こす


チョコレートを食べすぎると、チョコレートに含まれるチラミンという物質が交感神経に働きかけ、血圧を上昇させます。
その結果、体内に活性酸素が増加し頭痛の原因となる物質が作り出されるそうです。
私も偏頭痛持ちでしょっちゅう鎮痛剤を飲んでいますが、もしかしたらチョコレートが原因かもしれないですね。

老化の原因になる


糖分を摂りすぎると、過剰になった糖分とたんぱく質が体内で結びつきます。
そうして糖化されたたんぱく質によって、悪玉物質が大量に作られます。
その悪玉物質がたんぱく質をを攻撃し機能を低下させる事により、あらゆる老化に繋がります。
私たちの体は、たくさんのたんぱく質によってできているので、たんぱく質が元気なくなると、私たちの体も老化していってしまうんですね。
なんだか色々物騒なデメリットを並べてしまいましたが
少量のチョコレートはリラックス効果や集中力が高まったりなどたくさんのメリットもあるので、何事も適度が1番いいですね。

「東三河・西三河で働く!」高時給な派遣求人が満載!

CTA-IMAGE いまあなたは転職活動で困っていませんか? 「こんなに転職活動を頑張っているのに、良い職場に出会えないのだろう?」 そんな悩みがあるなら派遣会社アドバンティアで解決しましょう! 軽作業・工場系・事務系のお仕事が満載!! 高時給!週払い可能!家電付きアパート・マンションを貸し出し♪車・携帯レンタル可能!アドバンティアは充実したサポート体制であなたのご応募をお待ちしております。 TEL面接実施中!!

>> アドバンティア求人検索はこちら <<

このページを評価してください